Enjoy slow life ! 無添加石鹸、シャンプー、オリーブ石鹸、アレッポ石鹸、マリウスファーブル 墨石鹸 プロテイン < 横綱の風格、大相撲とは。。。 > 無添加石鹸・シャンプー、健康食品、ミネラル、サプリメント、ダイエット、入浴剤で身体に優しいSlow lifeを楽しもう!
無添加石鹸・シャンプー、健康食品、ミネラル、サプリメント、ダイエット、入浴剤で身体に優しいSlow lifeを!
All About スタイルストア All About スタイルストア




2007年03月27日

横綱の風格、大相撲とは。。。

色々と御意見はあろうと思いますが、春場所千秋楽の白鵬、朝青龍の取り組みを見て快く思った相撲ファンはいない筈だ。はたき込みが悪いのではない、立ち合いの一瞬の相手の隙を突いた姑息な技が気に入らない。



白鵬は朝青龍との対戦でかなりNervousになっていた。どう戦うのかとドキドキして見ていた。一瞬、何が起こったのか分からなかった。あっと言う間の決着。朝青龍はこんな姑息な取り組みをちょくちょくやっていたので、その度に不快感を感じていたが、白鵬までもこんな手を使って優勝を手にするとは。。。とほほと言いたい。

大阪府立体育館の観衆は正直、心から白鵬の優勝を称えられたのだろうか?心なしか失望感の混じった声も聞かれた様であまり盛り上がった感じは無かった。もっと、いけないのがあっけにとられる朝青龍に対して白鵬が取ったガッツポーズだ。完膚無きまでに相手を叩きのめした時には出ない仕草だと思う。また、そこで朝青龍も苦笑いをしていたのが、もっと気に入らない。「やっちゃたよ!」「う〜ん、やられちゃったな」みたいなオフザケムードで終わった。あれが千秋楽で優勝が決まった瞬間だとはとても信じたくは無い。

大相撲と言うからにはファンを唸らせる取り組みを見せて欲しい。それが、プロだと思う。北の湖理事長が「勝つ事を求められる立場も分かって欲しい。」とコメントして朝青龍を擁護した事について、「何と優しいの。。。」と思ってしまう。確かに横綱は角界の頂点であり、常に勝つと言う事を求められると思うが、観客をConvinceできる様な勝ち方で勝つのが横綱の風格ではないのか?勿論、これは理想論であるが、勝ち星の数だけに執着してどんな勝ち方でも勝てばいいと思っていると、ファンは遠ざかると言う事を忘れてはいけない。また、角界を代表する横綱がそんな姑息な事ばかりしていると相撲の人気はますます無くなって行く。

この議論にはいっその事、相撲のRuleでも変えない限りSolutionは無い。何故なら反則をした訳でも無く、ましてや疑惑の八百長が働いたとは思えないからだ。春場所の期待はずれの終わり方に一スポーツファンとしての単なる苦言である。

これに比べ、同時期に行われた女子Figureの安藤美姫、浅田真央ちゃんの接戦は大きな感動を呼んだ。プロとアマでの差は有るにせよ、スポーツファンとしてどちらを高く評価するだろうか?





よろしければ1クリック! 人気blogランキングへ | Top Page
posted by MickeyMickey at 01:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 横綱横綱(よこづな)は、大相撲の力士の格付けの最上位。本来は腰に締める綱の名前である。古くは戦国時代 (日本)|戦国時代には既に黒白横綱という黒と白を混ぜて撚り合わせた綱が存在していたとされる。当初は..
Weblog: 大相撲情報局
Tracked: 2007-09-30 13:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。